家具の里TOP > インテリア・雑貨 > キッチン・フード > フード・ドリンク > マヌカハニー

マヌカハニー

ニュージーランド原産の
抗菌性に優れた「マヌカハニー」。

ニュージーランド原産のハーブ「マヌカ」の花から採れるハチミツのことを「マヌカハニー」と呼びます。マヌカの花から採れるハチミツやオイルは、昔から薬用ハーブとして民間療法に使用されてきました。抗菌性があり、今でもニュージーランドでマヌカハニーは、家庭や医療現場で健康維持に欠かすことのできない特別なハチミツとなっています。

近年の研究で、マヌカの花から採れるハチミツであるマヌカハニーには「食物メチルグリオキサール」という抗生物質のような性質の成分を含み、人間にとって優れた作用があることが分かってきました。そのため、現在さまざまな国の医療現場や大学で、マヌカハニーの有用性を解明する研究が進んでいます。

メディカルハニーと称されることもあるマヌカハニー。スプーン1杯(約5g)のマヌカハニーを定期的に摂取することで、一般的なハチミツよりも高い効果が得られるため、マヌカハニーを健康や美容などの用途で幅広く活用される方が年々増えています。

マヌカハニー選びの指標「UMF」
安心安全のUMF協会認定の商品を扱っています。

「UMF」はマヌカハニーが持つパワーを表す指標のひとつで「UMFHA(UMFハニー協会)」という審査機関による審査を経て、ライセンスを授与した商品のみにUMFの数値が表示できます。例えば「UMF10+」のマヌカハニーは、10%以上のフェノール水溶液(消毒薬)と同等の殺菌作用があることを示します。マヌカハニーは天然のハチミツなので、もちろん体に取り入れても害はありません。人間にとって必要な有用菌は殺菌することなく、不必要な病原菌だけを殺菌するのでご安心ください。

近年、世界中で流通しているマヌカハニーの量が、ニュージーランドから輸出された量をはるかに上回っていることが問題化しています。そのため、マヌカハニーの研究も行う「UMFHA(UMFハニー協会)」は、ニュージーランド政府のもとマヌカハニーの収穫量や出荷量、品質、格付けなどの、より厳格な管理に力を入れています。UMFの数値は、UMFHAの認定を受けたものだけが表示でき、当店で取り扱うマヌカハニーもその認定を受けている商品となっております。自然の栄養をそのまま取り入れられる、無添加で非加熱、100%天然のマヌカハニーをぜひ一度お試しください。

マヌカハニーに期待できる効果
【 風邪の予防と喉の痛み・咳の緩和 】

マヌカハニーの持つ抗菌活性力と豊富なビタミン、ミネラル、アミノ酸など高い栄養価は、感染症を予防し高い殺菌力と抗炎症作用で喉のイガイガや腫れ、咳を沈静化します。また、2014年に発表された長崎大学の論文ではインフルエンザウイルスを抑制するマヌカハニーの働きが発表されています。

【 腸内環境の改善と免疫力アップ 】

マヌカハニーに含まれる食物メチルグリオキサールは、慢性胃炎や胃潰瘍の主な原因で胃がん患者にも保菌者が多いピロリ菌をはじめ、大腸菌、腸球菌、サルモネラ菌、ブドウ球菌などの病原菌や悪玉菌に対する抗菌力が強い一方、乳酸菌などの善玉菌の活動は活性化させると言われています。

【 美容ケアとアンチエイジング 】

抗酸化物質のポリフェノールを含むほか、マヌカハニー特有の成分「シリング酸メチル(SAME)」にも活性酸素を除去する抗酸化作用が認められています。さらに、マヌカハニーに含まれる豊富なビタミン・ミネラルが新陳代謝を促進し、抗酸化物質が肌の老化を抑えて質と透明感をアップさせてくれます。

【 リラックスと快眠の促進 】

マヌカハニーに含まれている神経伝達物質が、脳と体をリラックスさせる副交感神経を刺激し、気持ちを落ち着かせます。また、眠る前にマヌカハニーを一口食べることで、マヌカハニーが睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を促し、深い眠りへと誘ってくれます。マヌカハニーには、不眠の解消と快眠の効果が期待できます。

【 疲労回復と体、脳のエネルギーチャージ 】

マヌカハニーに含まれるビタミンB群や抗酸化成分が疲労回復を促進。すばやく吸収されてエネルギーに変わるのが早いブドウ糖や果糖は、摂取後すぐに筋肉や内臓を動かす力になります。また、ブドウ糖は脳の唯一のエネルギー源でもあるため脳の活性化も促します。運動の後や勉強の後に、マヌカハニーを一口。

【 やけど、切り傷、炎症の改善 】

ハチミツは古代より民間療法としてやけどに塗られてきましたが、現在ではやけどや外傷を殺菌・保護して緑膿菌の感染を防ぐことが判明しています。また、マヌカハニーに多く含まれる「グルコン酸」にも殺菌消毒作用があり、医療現場では消毒液や軟膏としても使われています。

【 虫歯、歯周病など口内トラブルケア 】

高い抗菌性を持つマヌカハニーは、虫歯菌ミュータンスなどの細菌の抑制に効果的。歯垢や歯肉炎を減少させるためオーラルケアに有効であるとされており、口内炎への抗炎症作用も期待できます。

10 件中 1-10 件表示 





10 件中 1-10 件表示 

マヌカハニーの食べ方や注意点

一番マヌカハニーの効果を効率よく取り入れられる食べ方は、空腹時にスプーン1杯(約5g)のマヌカハニーをそのまま舐めること。まずは、朝起きてすぐにマヌカハニーを一口。マヌカハニーの持つ抗菌活性力により、胃の中のピロリ菌を除去、また善玉菌の活性化をさせる働きを行ってくれます。日中は、可能であれば空腹時のタイミングで定期的にマヌカハニーを摂取してください。基本的に、マヌカハニーを食べる回数に制限はありません。お仕事などで日中の摂取が難しい場合は、寝る前にマヌカハニーを一口。つまり、朝と夜にマヌカハニーを1度ずつ摂取していただくことをおすすめいたします。眠っている間に胃腸の調子を整えると共に、乾燥しがちな喉の保湿を行ってくれます。

マヌカハニーを食べる際には、できるだけ木製のスプーンやハニースティックをご使用ください。金属製のスプーンの場合、マヌカハニーに含まれる成分の活性化が弱まる可能性があります。木製のスプーンがない場合は、プラスチックのスプーンでも大丈夫です。また、水に濡れたカトラリーの使用は厳禁。マヌカハニーは生のハチミツのため、中に水が混ざってしまうと、ハチミツの酵母と混ざり発酵してしまう可能性があります。マヌカハニーを食べる際には、必ず水気をしっかり拭き取ったカトラリーをご使用ください。

基本的に通常のハチミツと同じ方法ご使用いただけますが、マヌカハニー(生ハチミツ)に含まれる成分は熱に弱いため、加熱調理を行ってしまいますと、マヌカハニーが持つ効果が充分に発揮されません。お料理などにマヌカハニーをご使用される場合は、そのままかけたり混ぜたりといったご使用をおすすめいたします。

マヌカハニーは非加熱の生のハチミツのため、長期保存が可能です。天然素材のため結晶化や分離する場合がございますが、品質には問題ございません。

マヌカハニーのおすすめの使い方
  • ・朝起きてすぐと寝る前の歯を磨いた後に、スプーン1杯(約5g)のマヌカハニーを舐める。
  • ・風邪やインフルエンザ、花粉症などが流行っているときは、外出する前と帰宅後にスプーン1杯(約5g)のマヌカハニーを舐める。
  • ・のどの痛みを感じた時に、スプーン1杯(約5g)のマヌカハニーを舐めることで炎症を和らげます。
  • ・そのまま食べることが難しい場合は、飲み物にマヌカハニーを混ぜて飲んでください。
  • ・食べ過ぎなどの胃もたれ時や、風邪気味でのどに違和感を感じる時に、マヌカハニーをスプーン1杯(約5g)。
  • ・胃腸の調子を整えたいときや、ピロリ菌の予防や除菌には、空腹時にマヌカハニーをスプーン1杯(約5g)舐める。
  • ・マヌカハニーはオーラルケアにも最適です。
  • ・火傷、切り傷には、患部にマヌカハニーを直接塗って絆創膏を貼る。